他人の痴態

ライブチャットの楽しみ方は、利用者ごとに異なります。

純粋な話し相手として、エッチなおかずとして―ほか、利用規約に触れる行為でなければ何でもOKです。

ノンアダルトチャットは“会話”と“軽めのパフォーマンス”程度しか楽しみ方がありませんが、アダルトチャットと比較して料金が安いというメリットがあります。

もっとも多い楽しみ方は、オンライン版キャバクラとしてでしょうか。お酒とつまみを用意して、女の子のもとへログインすれば楽しい時間の始まりです。

アダルトチャットでも“会話”を楽しむことは出来ますが、ノンアダルトと比較すると料金は割高です。

アダルトチャットはやはり、然るべき楽しみ方をすべきでしょう。

チャットには、パーティーとツーショット2種類のシステムが存在します。

前者は女の子1:利用者複数、後者は女の子1:利用者1で楽しみます。

前者の場合は、ほかの利用者と共に輪姦モノAVのごとく攻めることが出来ます。

ただし、優先権は先にログインを行った利用者にあります。

すでに複数の利用者がログインしているようであれば、他の女の子のもとへログインしたほうが良いかもしれません。

後者の場合は、お気に入りの女の子を独り占めすることが出来ます。

パーティーチャットと比較すると料金は割高ですが、その価値は十分です。

人目がないだけに、テレフォンセックスのような楽しみ方も可能なのでお試しください。

尚、サイトによっては参加しながら参加しない―のぞき―システムが用意されています。

実のところ他人の痴態って、堂々と閲覧するより“のぞき”のほうがドキドキしますよね。もちろん料金は掛かりますが、ライブチャットだからこそ出来る遊びといえるでしょう。

当然ですが、いずれの場合も女の子に無理強いをしてはいけません。

常に紳士であることを心がけ、女の子にも楽しんでもらえるよう務めましょう。